一言物申す!

日々の生活の中で感じたイロイロな事柄に関して、その感想を無責任に書き連ねるブログです。中には辛らつな批判が含まれるときもありますが、そこはそれ、個人個人の感じ方、ということでご了承くださいませ。

<< とりみき 練馬南口店(居酒屋 練馬) | main | 鳥兆 春日店(居酒屋 後楽園) >>
市松 (うなぎ 新橋)
新橋の地下街の中にあるうなぎ屋さん。

今回は、ランチでうな丼とひつまぶし丼を食べてみました。
お値段はそれぞれ900円(だったとおもう)なり。

○払った金額に対する満足度:★★★★☆

○ちょっと一言
平日は非常ににぎわっているだろう地下街も、休日の昼ともなるとシャッター通りの趣?があって、妙なギャップが楽しめました。


○店
新橋の地下街だけあって、店内は狭め。20人入るかどうか、という感じでしょうか?全体的にはやはり少々古臭い雰囲気の感じを受けましたね。


○味
うな丼は至って普通。対価格で考えると、味は美味しいほうだと思いますね。個人的にはもう少しうなぎが大きいとうれしいのですが、値段を考えると妥当なラインでしょう。なお、お吸い物はつきますが、肝吸いではなく単なるお吸い物です。

ひつまぶし丼ですが、こちらは細切れになったうなぎがのっている丼です。うなぎ自体も焼き方がうな丼と違うようで、かりっと軽く仕上がっています。これはこれで美味しいな!とちょっとした感激があったのですが、ぶっちゃけた話、それだけの代物なので、ひつまぶしでも何でもありません。つまり、薬味もダシもありません。
さすがにおかしいよな?と思い、店内を見回してみると、あまり目立たないところに、薬味とダシは別料金といった旨のメニュー紙が。金額自体は100円だったので、早速追加で注文し、やっとひつまぶしっぽくなりました。いかにもひつまぶしっぽく、薬味で食べたりダシでサラサラと流し込んでみましたが、どれも美味しかったですね。うなぎの軽い焼き方が活きているなあ、と正直納得。
これだったら最初から1000円でフルセットで出せば良いのに・・と思わなくも無いのですが、いろいろな思惑があってのこういう設定なんでしょうね。

なにはともあれ、どちらも価格を考えると十分に満足できる内容でしたね。

○総評
ここまでベタボメなら★5でもいいだろ?と、自分で思わなくも無いのですが、やはりうな丼がぱっと目の前に出てきたときの、うなぎの小ささがちょっとだけ悲しかったことと、ひつまぶし丼に必須ともいえる薬味とダシが別料金という点に微妙な違和感を感じたのもの事実なので、ここはちょっと辛目に★4つの評価としました。(特に肝吸いが好きなわけではないので、ただのお吸い物でも減点対象にはしていません)
機会があれば、また食べにいきたいですね。

東京都港区新橋2丁目20−15
新橋駅前ビル1号館の地下街のどこか(^^;
| ブログ管理人 | 食事処(主にランチ) | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) |










Spam対策のため「http://」を禁止文字に指定しています

http://hitokoto.vr-maxima.net/trackback/988765
ソフマップ・ドットコム
ビックカメラ.com

このページの先頭へ