一言物申す!

日々の生活の中で感じたイロイロな事柄に関して、その感想を無責任に書き連ねるブログです。中には辛らつな批判が含まれるときもありますが、そこはそれ、個人個人の感じ方、ということでご了承くださいませ。

<< 「サントリー ザ・プレミアム・モルツ ドリームマッチ2008」に行って見た | main | ビアガーデン「大井競馬場」 >>
江南春 (大宮・中華料理)
大宮サティの1Fにある中華料理のお店。

今回は食べ放題を利用してみました。指定のメニュー(80品目程度)からのオーダーバイキング形式で一人当たり1980円なり。

○払った金額に対する満足度:★★★★★

○ちょっと一言
ちなみに、大宮といっても、JR大宮駅からはちょっと離れた場所にあります。最寄り駅は鉄道博物館(旧大成)駅となり、徒歩10分ぐらいの場所にあります。

○店の雰囲気
店内はそれなりに広く、またスーパーの一階に陣取っているだけあってこれといって難の無いつくりになっていると思いますね。行った時間が昼の2時過ぎにもかかわらじ、ポチポチとお客さんが来店していたので、それなり以上に繁盛しているのだと思います。
最初、一部の店員さんがあまりに無愛想なので「まぁ、スーパーに入っている店のバイトなんてこの程度だろ」と思っていたのですが、よくよく見ているとどうやら大陸系の人の模様。であれば、日本人の店員さんのような愛想笑いはなくてあたりまえかと妙なところで納得。


○味
料理の味は全般的にしっかりとした味付けですね。いわゆる炒め物系の料理に関しては、何を食べても美味しくいただけた次第。安い中華料理の店で食べると、食後も胃もたれが続くケースも多いですが、このお店の料理ではそういった印象もなく、お腹の限界ちかくまでガツガツと食べ続けました(^^;
なお、今回は麺類はノータッチ。中華系の店の場合、料理の味が美味しくなればなるほど反面麺類が日本人向けと離れていくような傾向がつよい印象があるので要注意かと。
また、チャーハン類に関しては、ちょっとべちょっとした感触ですね。でも味は好みの濃さなので問題なしといった具合。
ちなみに、本格的な中華料理は(金銭的な理由で)あまり食べないので、いわゆる何風というのはよく判らないのですが、中華街で食べるような「ちょっと日本人向けとは違うな」という違和感もなく、日本人が食べて美味しいといった具合でしたね。料理に関しては総じて何を食べても美味しかったですね。
ただ、できれば醤油・酢・ラー油などのほかに、香酢などの中華系の調味料をテーブルにおいておいてもらえると言うこと無いかも。
反面、デザートはちょっと微妙なものが散見。特に杏仁豆腐がいわゆるスーパーで売っていそうなハードタイプのもので個人的な好みに合わず。また、マンゴープリンも味が薄く、一瞬マンゴーかどうか迷ったような具合。次回以降はデザートにあまり期待せずに料理でお腹が裂けるまで食べようと思った次第(^^;


○総括
時間制限は2時間(オーダーストップは30分前)と時間も十分ですし、ドリンクバーは料金に含まれないものの、冷たい中国茶を水代わりに出してくれるので、事実上この料金でしっかりと食事を楽しむことが出来ます。
オーダーバイキングですので、常に熱々の料理が食べれるのも好印象。この料金でこの料理の内容なら大満足ですね。
ただし、比較的暇な時間帯での来店故、非常に早いタイミングで料理が出てきたのですが、なぜか時々結構長い時間待たされる場合もあったので、繁忙時間帯に来店すると、なかなか料理が出てこないで評価は一気に下がるかもしれないです。折角のオーダーバイキングですので、状況が許す限り繁忙時間帯を避けての来店がいいと思いますね。


○データ
住所:埼玉県さいたま市北区櫛引町2-574-1 大宮サティ1F
| ブログ管理人 | 食事処(主にランチ) | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) |










Spam対策のため「http://」を禁止文字に指定しています

http://hitokoto.vr-maxima.net/trackback/849905
ソフマップ・ドットコム
ビックカメラ.com

このページの先頭へ