一言物申す!

日々の生活の中で感じたイロイロな事柄に関して、その感想を無責任に書き連ねるブログです。中には辛らつな批判が含まれるときもありますが、そこはそれ、個人個人の感じ方、ということでご了承くださいませ。

<< サーキュレーターを購入してみました | main | さようなら、EQ2J・・・・とは、ならず。 >>
LotROに明るい未来はあるか? その2
さて、以前こんなネタを書きました。

で、昨日発表されたプレスリリースを見る限り、LotROの船出は順風満帆とは行かないようですね。

まず、鯖の規模が3から2に変わったということが大きいですね。

通常、一般的なMMORPGの運営の場合、同接は契約者数の3割程度で見込むのが一般的なようです。ただDDOでは一時稼働率が5割を越えていた時期もあったようですので、そのあたりの数字を頭に入れて稼働率を考えると、1鯖3000人の収容が可能な鯖であれば、契約者数は6000〜10000程度を見込むのが一般的だと感じています。

つまるところ、鯖が2つなら、最大契約者数は2万。鯖が3つなら、最大契約者数は3万ということになりますね。これは鯖3つ運営で3万人が目標といっていたインタビュー内容とも一致しますので、あながち的外れな数字ではないかと。

そして、オープンβ終了後に発表された「正式運営は鯖2つ」という内容は、単純に考えて「現状、課金契約者数を2万以上見込むのは不可能」との判断が入ったということでしょうね。

以前、このブログで「1万そこそこ。2万いけば御の字。」と書きましたが、概ねこんな感じでの運営スタートになる見込みっぽいですね。そして、下手すると1万すら無理という流れになる可能性も出てきたのだと思われます。

まぁ、一万あつまればA鯖で同接2000、N鯖で同接1000程度は見込めるので、今の提供エリアの広さであれば野良FSプレイが好きな人でも、致命的に困ることはないかと思いますけどね。なんといってもLotROは「理想的な構成の6人必須」とかのバランスではないゲームですし。

ちなみに、個人的にはピーク時同接が100程度でもかまわないんですよね。ぶっちゃけ、自分が遊ぶのに困らなければ良い訳ですからね。まぁさすがに同接100とかの世界では運営終了は避けられない状況だと思いますので、そういった意味においては困る訳ですがw

なにはともあれ、明日スタートの先行サービスの開始が楽しみです。
| ブログ管理人 | ゲームとか | 10:29 | comments(0) | trackbacks(1) |










Spam対策のため「http://」を禁止文字に指定しています

http://hitokoto.vr-maxima.net/trackback/552644
LOTRO プレミアムパッケージ先行イベントを開催
ロード・オブ・ザ・リングス オンラインは、J.R.R.トールキンの小説、ファンタジーの最高傑作をゲーム化したMMORPGですが、間もなくLOTROのサービス開始ということで先行イベント案内が出されました。日本でも大ヒットになった映画だったので、熱烈なファンの方
| ZunZunGame ゲーム動画とゲームニュースレビュー | 2007/05/27 3:29 PM |
ソフマップ・ドットコム
ビックカメラ.com

このページの先頭へ