一言物申す!

日々の生活の中で感じたイロイロな事柄に関して、その感想を無責任に書き連ねるブログです。中には辛らつな批判が含まれるときもありますが、そこはそれ、個人個人の感じ方、ということでご了承くださいませ。

<< つきじ喜代村 廻るすしざんまい Akiba店8F (秋葉原 回転すし) | main | 「ロード オブ ザ リングス オンライン」について考察する >>
北米でPS3の20GBタイプが販売終了とのこと
PS3では、現状60GBタイプと20GBタイプの2種類が発売されていますが、メイン市場となる北米(日本がゲームのメイン市場だったのは既に昔の話、現在のゲームは北米中心に回っています)で、20GBタイプの販売が終了となるそうです。

なお、日本での対応は未定です。

今回はこれについてちょっと語ってみましょうかね。
まずもって、60BGタイプと20GBタイプの違いはなにかという点を洗い出してみましょう。

・値段(60GB:約6万 20GB:約5万)
・機能(20GBにはメモリスロットと無線機能がない)
・デザイン(気が付かないレベルですが微妙に違います)

個人的にはほぼ同じデザインに見えますし、その違いにこだわるデザイン重視の人は価格をあまり気にしないでしょうから、ここでは放置の方向でいこうと思います。

次に機能ですが、もし自宅で既に無線環境がある場合、PS3の無線機能をそちらに任せることができるので「60GBの無線機能は不要」なのが現状です。もっとも、無線環境といってもいろいろあるので、100%そうとは断言できませんが、かなりの確立で無用といっても過言ではないでしょう。また、メモリスロットはゲームでは使いませんので、PS3をゲーム機だけとして利用するのであれば、これまた無用の長物でしょう。つまり人によっては、「HDDのサイズ以外に違いはない」状況となります。
さらに、HDDサイズの違いですが、メーカー保障外行為ですがHDDの換装は自由に行えますし、そもそも20GBのHDDが一杯になるのか?という疑問自体があります。これはPS3のゲームの多くがHDDインストールに対応していないためです。・・・っていうか、PS3専用ソフトでHDDインストールに対応しているソフトってありましたっけ? まぁ、それはそれとして現状では「20GBを使い切るのは稀であり、誰もが60GBでないと不自由という状況ではない」という認識でもいいのかもしれません。

これを自分に当てはめて考えていくと「60GBと20GBだったら、別に20GBタイプでもいいかな? 一万安いし」と思っています。

ただし、これは個人的な話であって、一般論を振り回すとなると大きく話は変わってきます。
それはなにかといえば「価格差が一万円しかないこと」なんですよね。HDDの容量3倍、無線機能とメモリスロットも付いてきて、一万しか違わないとくれば、ゲーム機の性能や機能について、あまり詳しく考えない多くのユーザは「それが本当に必要かどうかは抜きにして」60GBタイプを魅力的に感じるのは当たり前のことかと。
また、価格自体が5〜6万というゲーム機としては異常なほどの高額設定ですので、これをゲーム機として躊躇なく買えるような世帯の人にとって、一万円の価値はそんなに大きくないというのもあるでしょう。

そう考えていくと、20GBがなくなること自体は不思議でもなんでもないのだと思いますね。ただ、繰り返しになりますが、個人的には買うなら20GBで十分だとおもいます。できれば、20GBタイプを3万ぐらいに投売りしてくれないですかね? 今のソフトラインナップを考えると、PS3に5万も出すだけの魅力は感じられないですが、これが3万なら話は別ですし。

まぁ、今でも赤字確定な高額ハードのPS3では、無理な話だとは思いますけど(^^;
| ブログ管理人 | ゲームとか | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) |










Spam対策のため「http://」を禁止文字に指定しています

http://hitokoto.vr-maxima.net/trackback/518767
ソフマップ・ドットコム
ビックカメラ.com

このページの先頭へ