一言物申す!

日々の生活の中で感じたイロイロな事柄に関して、その感想を無責任に書き連ねるブログです。中には辛らつな批判が含まれるときもありますが、そこはそれ、個人個人の感じ方、ということでご了承くださいませ。

<< アド街ック天国をみて、ふと思うこと その2 | main | 「空の青さを知る人よ」をみて、素直にいい作品だったと思う >>
PlayStation 5とXbox Series Xについて考える
年末発売予定の次世代機、PlayStation5(以下PS5)とXbox Series X(以下XBOX X)について考えてみました。
販売台数については、PlayStation5が圧倒するであろうことは誰でも予想が付くのでどうでもいいですね。

ここで考えるのが、個人的に買うか、買わないか、買うならいつ買うか、ですね。

タイミングについては、今後リリースされるタイトルにもよりますが、今のところどちらも初物買いはパスでほぼ確定。

PS5はいずれ買うけど、よほど欲しいタイトルが無ければ型番が変わるまで待つ可能性が大。初期ロットはハズレ多いしw
それを除いても、あまり買いたい理由が今のところ見つからない。
まず、下位互換云々については、そもそも既存ハードはPS2、PS3、PS4Proが稼働状態なので当面は不要。
4Kモニタは買う予定がないので、差し引くとロンチタイトル以外での購入動機がない、というのが一番の理由でしょうか。
ただ、白筐体はなかなかカッコイイので、それが理由だけで買うかもしれませんが、逆に言えばその程度のレベル。

逆に、XBOX Xはちょっと微妙。
そもそも専売タイトルってGearsとForza以外なんかあったっけ?というさみしい状況ですしね。
XBOX ONEと違い今回はロンチ国になっているようですが所詮「英語通じないからコストかかるしCERO面倒くさいので日本は除外」の販売スタンスが変わらない以上、圧倒的なコンテンツ不足は次世代機になっても覆せないでしょう。そこが重々わかっているからこそ、その対策としての下位互換拡充ってことなんでしょうけど。
もっとも、個人的にはXBOX360は2台稼働状態にあるくせにXBOX ONEは持っていないので下位互換目当てでの購入はあるかもしれません。もしロンチに白筐体があればなおのこと、だったんですが、残念ながらロンチではないですし、もし出ても当面先でしょうし。

まぁ、発売は半年後ですし、今後もっと情報がでてくるでしょうか、のんびり待ちましょうかね。

むしろ最近の興味はゲームギアミクロ。とはいえ1インチのモニタじゃなければ即買いなのに・・・・見えないって。
妙な拡大鏡をオプション販売するぐらいなら、HDMI接続アダプタを出してくれたほうが・・・。
とまぁ、いろいろツッコミどころ満載ですが、こういうところがSEGAのダメなところであり、ある意味愛されるところなのかもw
2020/6/14 追記

折角なので、ちょっと価格予想でもしてみましょうか。

PS5:DISKあり 5万弱
PS5:DISKなし 4万弱
XBOX X:4万弱

もちろん根拠はないですw

正直、XBOX Xも5万弱じゃね?という気はしているのですが、同価格だと同じ土俵にすら立てない状況だと思っているので、ここはPS5のDISKレス版とほぼ同価格にして「おんなじ値段でもこっちはDISK付き」という売り方をするんではないかと。

さて、いずれにせよ今後の価格発表が楽しみですね。
| ブログ管理人 | ゲームとか | 18:05 | comments(0) | - |










Spam対策のため「http://」を禁止文字に指定しています

ソフマップ・ドットコム
ビックカメラ.com

このページの先頭へ