一言物申す!

日々の生活の中で感じたイロイロな事柄に関して、その感想を無責任に書き連ねるブログです。中には辛らつな批判が含まれるときもありますが、そこはそれ、個人個人の感じ方、ということでご了承くださいませ。

<< なばなの里に行ってみた 2017-2018 | main | 何でもかんでもLEDってのは勘弁してほしい >>
犬山で一日遊んでみた
ってことで、名古屋旅行の二日目は犬山に行ってみました。

個人的には3度目の訪問ですね。

とは言え、一度目はお嫁様と明治村に行くため+鵜飼い見るために立ち寄った程度で観光はほぼ無し。
二回目は一人で犬山城+犬山駅からの往復の観光、といった感じであまりじっくりと観光している印象がないんですよね。

ってことで、今回はお嫁様のガイド役を兼ねて、じっくりと一日かけて観光してみました。

〇のがみ
名古屋といえばモーニング。
ってことで、犬山でのモーニングは「のがみ」に行ってみました。
まぁ、奇をてらうってことなら「パブレスト百万ドル」なんでしょうけれどw

外環は古いドライブイン的な感じで、「知らなかったら入らない」感がちょっと強め。
入ってみても、おしゃれ感とは程遠い、昭和のこのから変わってないんだろうなぁ、的な雰囲気ですね。
しかしながら、マスターとおかみさんの心配りあふれる言葉に、ついついまったりしてしまいます。
モーニングの内容も、飲み物注文で、トースト+茶碗蒸し+フルーツの盛り合わせが付いていて「これ、儲けでてる?」とこちらが心配になるレベル。加えて、お茶とお茶受けまで出してもらい、大変満足感の高いひと時を過ごせました。唯一残念だったのが喫煙可なところぐらい。
ほんともう、近くにあったら足しげく通いたいレベルですね。
いつまでのお元気でお店続けてほしいです。


〇犬山城下町
一年半ぶりぐらいの再訪ですが、おおむね前と同じような雰囲気。少し店舗が変わったかな?程度でしょうか。
なんにしろしっかりと観光客を狙った店舗が立ち並んでいるので、食べ歩くにはいい場所ですね。

・芳川屋
パフェとホットケーキ的なものを注文。
前回来た時にはソフトクリームを食べたのですが、近鉄の割引券を使ったからなのか、ソフト部分の半分しかイチゴが付いていない、というある意味面白いものがみれたので、今回はフルプライスのパフェに。
ぶっちゃけ、300円でソフトクリーム食べるなら、650円はらってパフェ食べたほうが数倍幸せですね。
ホットケーキ的なものもおいしく、満足感の高いひと時を過ごせました。

・山田五平餅
あれ、ここって皿売りだけしかなかったんじゃ?と思いつつ、一本100円でバラ注文。
小ぶりですが美味しいですねぇ。

・守口漬
よくわからん櫛団子みたいなやつに、ネギ間のネギ状態でついていたのがおいしかったのでお土産で購入。
奥で食事ができるようでしたが、残念ながら営業時間終わってました。残念。

・よくわからん店で豚丼と日本酒
味はぼちぼち。酒もぼちぼち。併せて1000円しなかったので、それそれで十分な感じ。

・よくわからん裏通りにある和菓子屋でかったお菓子。
うまかった、というのは億覚えてるが、なにを食べたかイマイチ覚えていない(^^;
観光MAPにもなかったような店のような気がするので、観光地は油断できないなぁ、と。

・その他うさん臭い店が沢山。
無人カラオケとか、ウナギの寝床みたいな長さの屋内に的屋が集まったような店とか。ここでは豆腐の田楽的なものをたべましたが結構いけてましたね。
全般的に「とりあえず観光客だましてお金落とさせようぜ」的な雰囲気だけど、そこにあまり不健全さを感じさせないのが土地柄何でしょうかねw

個人的には、川越や佐原よりも好きな城下町観光地ですね。
また折を見ていきたいです。何とも言えないうさん臭さがいい感じw



〇犬山城
天守閣に上がるのは2度目ですが相変わらず階段きついですw
そして天守閣からお眺めは相変わらず怖いです。
よく落下事故ないなぁ、と改めて感心。


〇有楽苑
国宝「如庵」があるところですね。
ぶっちゃけ、へうげものを見ていなかったら行っていなかったですw
とは言え、実際に行ってみるとこれがなかなか良かったです。

移築とは言え、当時に思いを馳せることができれば、プライスレスな体験になるかと思います。
入場料は1000円とちょっと高めですが、犬山城とのセット券を買えば1300円ぐらいなのでちょっと割安になりますしね。
あぁ、そういえば犬山城も国宝でしたね。


〇犬山ローレライ麦酒館
個人的に今回の最大の目玉です(^^;
過去2回とも行くことができなかったので念願かなって、というところでしょうか。
黒川紀章のデザインということでしたが、特段これといって何がすごいという感じもなく・・・ですが、ビールは結構いけてました。やっぱりヴァイツェンがおいしいところは満足感高いです。
3種のビールのうち、残り二つがピルスナーとIPAだったのが残念ではありましたが、ヴァイツェンだけで十分満足できました。
ちなみに、「ビアホールは食べ物が高いわりに微妙(微妙以下含む)」というのが個人的な主義主観であり、長嶋ビール園もまさにその典型といっても過言ではないと思うのですが、ここはいい意味で予想外な感じでした。
接客もしっかりしているし、これまた近くにあったら足繁く通いたいお店ですね。
地ビール系ビアホールは経営が厳しいところが多く、閉鎖してしまうところも多いですが、こちらには今後とも是非長く営業してほしいです。


とまぁ、関係者が読んだら怒られちゃうかも、的な感想ですが、途中でも触れましたが個人的にはすごい好きな場所ですね。
観光としての大物は今回の旅行でおおむね見たので、今後の再訪はいつになるやら・・・とも思うのですが、それでもまた行きたいと思わせる何かがある場所だと思っています。

うーん、悩ましいですね。

| ブログ管理人 | 旅行・イベントなど | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) |










Spam対策のため「http://」を禁止文字に指定しています

http://hitokoto.vr-maxima.net/trackback/1071039
ソフマップ・ドットコム
ビックカメラ.com

このページの先頭へ