一言物申す!

日々の生活の中で感じたイロイロな事柄に関して、その感想を無責任に書き連ねるブログです。中には辛らつな批判が含まれるときもありますが、そこはそれ、個人個人の感じ方、ということでご了承くださいませ。

<< 東京ドイツ村のイルミネーションを見てきた | main | 犬山で一日遊んでみた >>
なばなの里に行ってみた 2017-2018
ってことで、今年のイルミネーション第2弾は「なばなの里」です。

2017-2018のお題は「「くまもとだモン!」 〜くまモンのふるさと紀行〜」ですね。

まぁ、くまモングッズフリークのお嫁様が行きたいというので、わざわざ名古屋までこれ見るために行った訳ですが、正直なところ満足感の高いひと時を過ごせましたね。

ちなみに平日+雪の影響なのか園内は結構空いていましたが、それなりに人はいたので「さみしすぎる」ということもなく、快適に見れたという感じでしょうか。
なばなの里のイルミネーションは、2011年、2015年に続いて3回目となりますが、やはり一番印象深かったのは2011年の「四季」でしょうか。中村吉右衛門版鬼平で使われたジプシー・キングスのインスピレーションのギターの調べに乗せて、一本の木で四季を彩るステージ構成は、単に電飾を並べるだけのイルミネーションとは一線を画しており、雨交じりのなかにも関わらず、何回も同じステージを見てしまいましね。

今年のくまモンはそれに比べポップな感じで、結構面白かったですね。同じキャラクターものという意味では、2015年のハイジも同じ括りなのかもしれませんが、2015年版に比べると楽しめたなという印象があります。

正直なところ、新幹線代やら宿代やら考えると、馬鹿にならない金額がかかるんですよね。そういった意味では、毎年行くのはちょっと難しいのですが、お金の都合がつけば毎年見たいコンテンツですね。

ちなみに、なばなにいくと必ず行くのが長嶋ビール園。地ビール=ヴァイツェンorスタウトな私にとっては、常時ヴァイツェンがある長嶋ビール園は正直嬉しい施設です。まぁ、ヴァイツェン自体ちょっと味が薄めな印象ですが、十分楽しめるレベルだとは思っています。もっとも、食べるものはちょいと微妙な印象ですが(^^;

その他、1000円別途かかりますが、ベコニア館はお金払う価値がある施設かなぁ、と。
とはいえ、2015年に一度見ていますが、その時と細かいところは変わっていたものの大きな部分では変化はなかったので、間違いなく一度は行ったほうがいいけど、毎年再訪するような施設でもないかな、といった感じかなぁ、と。

あとは足湯が意外とよかったですかね。
タオルを100円で売っているので、手ぶらで行って「お、空いているからちょっと入ろうか」的な感じで行くのがいい感じかと、

なお、近鉄長嶋周辺にはコンビニなんて当然なく、自動販売機以外なにもないですね。風をよけるスペースすらないのは、なかなかにしんどいところでしょうか。冬場は桑名からのバスを中止して、無理やり近鉄長島に誘導しているのですから、なばな側なり近鉄側なりでちょっとは何かしら考えてほしいところですね。そういった部分は2011年から変わっていないところかと。

だらだらと締まりのない感想を単に連ねてみましたが、今年もまた楽しめました。
再訪は・・・来年もしたいのですが・・・・・正直お金しんどい(^^;

| ブログ管理人 | 旅行・イベントなど | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) |










Spam対策のため「http://」を禁止文字に指定しています

http://hitokoto.vr-maxima.net/trackback/1071038
ソフマップ・ドットコム
ビックカメラ.com

このページの先頭へ