一言物申す!

日々の生活の中で感じたイロイロな事柄に関して、その感想を無責任に書き連ねるブログです。中には辛らつな批判が含まれるときもありますが、そこはそれ、個人個人の感じ方、ということでご了承くださいませ。

<< 盆暮れ正月、ディーラーはお休み | main | ASUS ROG STRIX-GTX1060-O6G-GAMINGを買ってみた・・・けど大変だった(^^; >>
GeforceGTX1060/6GBに買い替えたのでFF14のベンチを回してみた
ということで、ビデオカードをGeforceGTX1060/6GB(ASUS ROG STRIX-GTX1060-O6G-GAMING)に買い替えてみたので、早速FF14の拡張パック「紅蓮のリベレーター」のベンチマークを回してみました。

・最高品質
・1920×1080 フルスクリーン
Score:11846
平均フレームレート:81.418

PCスペックはこんな感じ
Windows 10 Home 64bit
Intel Core i7-3770K CPU @ 3.50GHz
16GB
NVIDIA Geforce GTX 1060(VRAM 6GB)(公式ドライバ当てただけ)

4Gamerはじめ、いろいろなサイトで公開されている情報を見ると、1060/6GBだとベンチスコアはおおむね12500前後は出そうな感じなので、思ったほどスコアは伸びないな、という感じですね。

もっとも、GPUを除けば何世代前のシステム?なことと、いろいろ使い込んでいるOS上でのテストなので、ある程度の割引は当然必要でしょう。


ちなみに、通常使っている設定を適用するとこんな感じでした。
Score:12123
平均フレームレート:83.779
やはり、少しベンチは上がりますね。当たり前かw


なお、VGA取り換え前のGeforceGTX670(2GB)では、最高品質で約7100。通常使っている設定で約7500程出ていたので、「FF14を快適に遊ぶ」という観点だけで見ると「そもそも買い替える必要はほとんどなかった」のですが、。買い替えによって「微妙に設定を落としていた部分を気兼ねなく最高設定にできるようになった」程度のパワーアップが図れた、という程度であり、コストパフォーマンスという点ではかなり微妙というところでしょうか。

もっとも、これは最初からの想定どおりであって、もともと買い替えた一番の理由は「VR対応」だったりしますからね。そのあたりはおいおい記事にしていこうと思ってます。

| ブログ管理人 | ゲームとか | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0) |










Spam対策のため「http://」を禁止文字に指定しています

http://hitokoto.vr-maxima.net/trackback/1071024
ソフマップ・ドットコム
ビックカメラ.com

このページの先頭へ