一言物申す!

日々の生活の中で感じたイロイロな事柄に関して、その感想を無責任に書き連ねるブログです。中には辛らつな批判が含まれるときもありますが、そこはそれ、個人個人の感じ方、ということでご了承くださいませ。

<< S660 試乗の感想 | main | 今更?今だから?なんにしろPS3購入 >>
Windows10のX360C環境を復旧させる
さて、XBOX360コントローラを使うための定番非公式ドライバ「X360C」ですが、残念ながら既に開発は終了しているものの、Windows10でも問題なく動いています。

正確には「動いていました」ですかね。

悪名高きWindows10のCreatersUpdateが適用された後、見事に動作しなくなってしまいました。
特に、私の場合はG13との自動切換えで使っていたので非常に迷惑な話です。
ってことで、早速復旧してみました。すでに直っているので記憶の範囲で書くため、ちょっと細かい文言は異なるかもしれませんが、自分用の忘備録ということで。

※前提条件:もともとX360CドライバをWindows10で使っていたこと

1.デバイスマネージャーから「Xbox 360 周辺機器」〜「XBOX 360 Controller For Windows」を右クリックし、「ドライバの更新」を選択

2.「コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索」を選択

3.「コンピューター上の利用可能なドライバの一覧から選択します」を選択

4.「ディスクを使用」を選択

5.「参照」をクリックし、自分のパソコン上にある「x360c.inf」を選択し、OKする

6.次に進めると「ドライバが正常に更新されました」画面が出てくるので、画面を閉じてPC再起動。

7.PC再起動後、デバイスマネージャーから「ヒューマンインターフェイス デバイス」を開き、「Microsoft Xox 360 Controller」があることを確認

手順は以上です。

ふう、全く迷惑な話ですねぇ。

2017/12/12 追記
Ver.1703から1709へアップグレードした時も同様の事象が発生したので、上記と同じ手順を実施したところ、無事にXBOX360コントローラとG13の切り替えができるようになりました。
原因自体は切り替えではなく、XBOX360コントローラ側のiniファイルが上書きされてしまうことっぽいのですが、理由はなんであれ、使えなくなることは確かな訳で。
まぁ、治す方法が確立した時点で問題はないのですが・・・これ、半年に一度必ずやることになるのか?
| ブログ管理人 | ゲームとか | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) |










Spam対策のため「http://」を禁止文字に指定しています

http://hitokoto.vr-maxima.net/trackback/1071019
ソフマップ・ドットコム
ビックカメラ.com

このページの先頭へ