一言物申す!

日々の生活の中で感じたイロイロな事柄に関して、その感想を無責任に書き連ねるブログです。中には辛らつな批判が含まれるときもありますが、そこはそれ、個人個人の感じ方、ということでご了承くださいませ。

<< いまさらoblivion | main | 「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」のベンチマークを走らせて見た >>
OblivionでXBOX360コントローラが使えました(2013年版)
さて、oblivionでXbox360コントローラを使う、というのは当ブログでもアクセス数の多い記事だったりします。
当然今回も自分の記事を参考にしてセットアップし、特に違和感無くXbox360コントローラで遊んでいたのですが、ひとつ異変に気がつきました。

activatewindow0.3.0というMODが動かないんですね。これは窃盗行為を行う際に警告ダイアログを出すMODなのですが、導入してみても赤アイコンになるアイテムにAボタンを押すと、その瞬間に窃盗扱いになります。

いろいろ切り分けていくうちに、ひとつの事実に突き当たりました。Xbox360コントローラのAボタンを押す、という行為自体がNGみたいです。つまり、Aボタンを押すのではなく、代わりにキーボードのスペースを押すと、問題なく警告ダイアログが出ます。ただ、RTに割り当てた左クリックで「いいえ」を選択しても、やはり窃盗になってしまいます。

さて、これは困りましたね・・・・悩むこと10分。逆転の発想をしてみました。oblivion側でコントローラを無効にして、JoyToKey側ですべてキーを割り振ってみよう、と。

結果、うまくいきました!
ぶっちゃけ言って、過去の記事のものより操作性もよく設定の手間も減っている印象です。
なので、今回は防備録をかねて設定方法を残しておこうと思います。

○環境
・Windows7 64Bit
 たぶんOS依存しません
・JoyToKey Ver5.2.2
 今はシェアウエアになって入手も簡単になってますね。
 なお、あまり古いバージョンだと今回の設定はできないかも。
・Xbox360コントローラ+X360Cドライバ
 すでに開発&公開終了となっています。開発者様に深い感謝を。
 ただし有志により至る所にファイル置き場がありますので簡単に見つかると思います。


○前提条件
・キーボードではOblivionが普通に遊べる状態であること
・X360Cドライバをつかって他のゲームが遊べる状態であること
・うまくいかなくても泣かない強い心構えの状態であること


○作業手順
1.JotToKeyをインストールする

2.JoyToKeyのキー設定をする
2-1.「Options」タブを開き、以下の設定をする
・設定するボタンの種類は「すべての軸を表示(8軸+POV×2)」を選択
・「POVの斜め入力を別ボタンとして使用」にチェックを入れる

2-2.「JoyStick1」のタブを開き、以下の設定をする
・Stick1:←  A
・Stick1:→  D
・Stick1:↑  W
・Stick1:↓  S
・Stick2:←  Mouse:←(10)x7
・Stick2:→  Mouse:→(10)x7
・Stick2:↑  Mouse:↑(10)x7
・Stick2:↓  Mouse:↓(10)x7
・POV1:↑   1,↑
・POV1:    2     (右斜め上矢印の項目)
・POV1:→   3,→
・POV1:    4     (右斜め下矢印の項目)
・POV1:↓   5,↓
・POV1:    6     (左斜め下矢印の項目)
・POV1:←   7,←
・POV1:    8     (左斜め上矢印の項目)
・Button:1   Space,Enter
・Button:2   Tab
・Button:3   F
・Button:4   E,Shift
・Button:5   Z
・Button:6   C
・Button:7   Escape
・Button:8   T
・Button:9   Ctrl
・Button:10   R
・Button:11   Mouse:右Click
・Button:12   Mouse:左Click
※Button:13はガイドボタン。お好みでどうぞ。
 個人的にはF5(簡易セーブがいい感じ)

2-3.Oblivionが立ちあがっていない状態で、Xbox360コントローラでマウス操作ができるかどうかの確認。右スティックでカーソル移動。RTで左クリック、LTで右クリック操作ができればOK。

3.Oblivion.iniを以下のとおりに編集し、保存する。
「bUse JoyStick」の値を0にする(初期値は1)

4.JoyToKeyが立ち上がった状態でOblivionを起動する。

5.「オプション」〜「操作」を選択し、反転を「有効」にする。
 なお、「スティック操作交換」の欄はグレーアウトしていて正常です。
 また、その他の項目はいじる必要はありません。

6.ゲームをスタートし、コントローラ操作ができるかを確認する。

以上

----

この設定により、以下のことができます。
・左スティックで移動(歩行する場合、キーボードからCapsLockを)
・右スティックで視点操作
・十字キーは以下のとおり。
 フィールド画面:1〜8のショートカット
 メニュー画面:十字キーで項目移動。Aで決定。
        ただし売却時等はRTでの選択ため
        ちょっと違和感あり。
・Yボタンは以下のとおり。
 フィールド画面:ジャンプ
 メニュー画面:アイテムを捨てるとき、
        リストから捨てたいアイテムを
        選択して、Y+RTで捨てられる。

・十字キーへのショートカット登録の際に、メニューも同時に動いてしまう場合は、ショートカットへの登録はキーボードから行えばOK(メニューで登録したい魔法を選択した状態でフルキーの1〜8を押せば登録される)

この記事は自分用の防備録であり、すでにネタ的にも需要は無いと思うので、ざっと荒く書いてみました。
もしこの記事をみて不明な点などありましたら、お気軽にコメントでご質問をどうぞ。わかる範囲で回答できれば、と思っています。
| ブログ管理人 | ゲームとか | 20:53 | comments(2) | trackbacks(0) |
いえいえ、GPD WINでOblivionを遊ぼうと思っていた私にはとても参考になりました。
ありがとうございます。
| Tarus | 2018/04/30 9:46 AM |


だいぶ古い記事ですがお役に立てて何よりです
| ブログ管理人 | 2018/05/27 9:02 PM |












Spam対策のため「http://」を禁止文字に指定しています

http://hitokoto.vr-maxima.net/trackback/1070772
ソフマップ・ドットコム
ビックカメラ.com

このページの先頭へ