一言物申す!

日々の生活の中で感じたイロイロな事柄に関して、その感想を無責任に書き連ねるブログです。中には辛らつな批判が含まれるときもありますが、そこはそれ、個人個人の感じ方、ということでご了承くださいませ。

プレイステーション クラシックは個人的に見送り
さて、「プレイステーション クラシック」の発売が正式発表を経て、収録20タイトルも発表されましたね。

事実上「マリオブラザーズ専用機」として購入したファミコンミニは別にして、スーパーファミコンミニに続いてこちらのプレイステーション クラシックも個人的には見送ることにしました。

実のところ、収録タイトルが未発表だった最初の発表を見た時から私の中では見送りがほぼ確定していたんですよね。それでもタイトル次第では・・・・とおもっていたのですが、収録タイトルをみてやはり見送りすることにしました。

正直なところ、収録タイトルは悪くないと思っています。
見送った理由はもっとシンプルで「PSのソフトって、PS3なりエミュレータなりで遊べるじゃない?」という一点にあったりします。

この状況を覆せるタイトルが入っていれば・・・というのが収録タイトルの発表をまっていた唯一の理由だったのですが、ラインナップは決して悪くないものの、あえて買うほどのインパクトは個人的には無かったな、という感じでしょうか。

| ブログ管理人 | ゲームとか | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
第9世代Coreプロセッサ、いよいよ発売開始・・・・だけどテンション上がらん
ということで、とうとう第9世代Coreプロセッサが発売されましたね。

今の時点で個人的に興味があるのは「i7 9700K」と「i7 8700K」の性能差の一点だけです。
「8コア8スレ」と「6コア12スレ」を比較して、はたしてどこまで9700Kは8700Kより早いのか?

普通に考えたら9700Kはかなり微妙な立ち位置になりそうな印象を受けますからね。
スペック見る限り、8700Kからのアップグレードパスは9900Kが妥当とおもうのですが、これだと価格差が大きいですからね。
かといって、9700Kと8700Kを比較すると本当に性能が上がるのか自体怪しいもんですし。
せいぜいが「1Coreあたりの性能は上」とか「OCに期待」とか、微妙な評価で終わりそうな気がしています。

さてさて、どうなることやら。

なんとなくですが、私の環境ではまだまだ3770KがメインPCとして君臨し続けそうな気がしています(^^;
| ブログ管理人 | ゲームとか | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
突然WindowsMRに注目してみる
さて、稼働率が低めなPlaystationVRですが、それはさておき。

やはりこの手の黎明期的なものは、ある意味カオスなWindowsの世界のほうが色々と面白い訳ですよね。
どうしてもPSVRだと、商用ベースとして利益の出ないものは世に現れませんが、Windowsベースだと個人が利益度外視でいろいろチャレンジしていますからね。

そういった意味では、OculusRiftが5万円で買えるようになった今、金銭面での導入の敷居はかなり低くなっているのですが、問題はやはり設置場所。

ルームスケールには今のところ興味がないので、座って使えれば問題なのですがパソコンの周辺が手狭なのでセンサーの設置場所に無理があるんですよね。
かといって、センサーを設置できる場所で使うようにVRに対応できるノートPCを買う、なんて自体は本末転倒ですし。

そんな中、OculusからQUESTという単体型VRが発表されました。
外部センサーが不要なインサイドアウトタイプということで俄然Windowsでの利用に期待したのですが、どうやらあくまでも単体利用が前提のデバイスになりそう。うーん残念。

・・・・・・・インサイドアウト?

ん、ちょっとまてよ。どっかで聞いたな・・・・ということで、ググること数分。
なんのことはない、WindowsMRはインサイドアウトが基本仕様になっていました。

Windows用VRヘッドセットしてみた場合、RIFTやVIVEとのアプリの互換の問題と、おそらくは「濡れ手に粟で儲からないないので第一世代で御終い」という、いつもの展開が見え見えだったので、ほとんど意識していなかったんですよね、WindowsMRって。

まぁ、発表からしばらくたっているので、そのあたりも少し事情が変わっているかもしれないので、ちょっと時間あるときにいろいろ調べてみようかと。
| ブログ管理人 | ゲームとか | 07:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
PlayStation VITA 生産終了決定。となればやることは一つ。
さて、時間の問題と思われてたPlayStationVITAの生産終了がとうとう発表されてしまいました。

正直言って、誰得感が強かった背面タッチパネルとか、結局周辺機器の出なかった(出た記憶がない)拡張端子とか、なんで今時専用充電端子だよ、とかいろいろ突っ込みどころ満載だったVITAですが、それなりにゲームの数も出ましたし、マルチタイトルで「これはPS4のグラフィックで楽しまないと!」的なタイトル以外は手軽に遊べるメリットもあり、個人的に結構稼働率の高かったハードでもあります。

とは言え、濡れ手に粟にもうからないと株主がだまっちゃいない昨今、いずれは生産終了だろうなぁとはおもっていましたが、残念ながらその日が来てしまいました。

となれば、過去の経験上、やることは一つ。
新品のゲンブツの確保ですw

もちろん転売目的ではありません。
中古ソフトで遊ぶことも多い私の場合、ある意味ゲーム機は生産終了してからの稼働期間が長い訳です。

実際のところ、PSPについては生産終了後、かなり経ちソフトの値下がりも進んだ分、結構買いあさっていることと店舗での取り扱いも減ってきているので、徐々に「遊んでみたいソフト」は入手し終わりつつあるのですが、それはすなわち積みゲーが満載ということであり、その結果PSPはいまだかなりの稼働率を誇ります。積みゲーの消化具合を考えていくと、まだまだ数年は稼働すると思っています。

残念ながら、PSPについては最終型のPSP-3000は転売屋の餌食になった!・・・のかどうかは別にして、生産終了後に新品を入手することができず、悩んだ末に中古を2台購入。しかしながら所詮は中古ですし、バッテリーの新品購入自体が既にできなくなっているので、その対策として、ボタン類の調子が悪くなってきたPSP-1000に、LCFWを導入しISO吸出し体制を確保。いざとなったら積みゲーはPSPエミュレータで消化すればいいという環境を準備済みです。もう少し故障修理期間が長ければこんなことをしないで済むので助かるんですけどね。

また、PS3も同様に生産終了発表後、新品を確保しておこうかなと思った時には既にネット通販での新品購入が全滅しており、近所のGEOで新品をなんとか購入。2台体制がととのっています。PS3についてはPSP以上に大量の積みゲーがありますし、更に増えていくと思いますが当面はなんとかなるでしょう。

任天堂と違い、SONYハードは修理対応期間が短く、壊れたらおしまい、という状況になりがちです。
加えて、転売屋対策を考えても、生産終了後に長期間そのハードでのゲームを楽しむためには「はやめに現物を確保する」ことが重要だなぁ、と思っています。

話が長くなりましたが、ということで落下保証等が充実しているトイザらスでPCH-2000を購入。
色によってもマチマチでしたが、ホワイトについてはその店舗では最後の一台だったようで滑り込みセーフな感じでした。
実際にはもうしばらく新品の入手はできると思っていますが、最近「あー、あの時買っておけば良かった」と思うものが結構多く、前述のPSPのように「気が付いたら手遅れ」という状況にならないために今回は少し早めに動いた感じですね。

そんな状況であり、あくまでも現物確保の為の購入であり、当面開封はしないと思いますが、本体の軽さに加え、液晶と有機ELの違いとかも見てみたいとおもうので、購入後かなりの期間放置していたPS3に比べると、もうすこし早めに実稼働状態になるかな、と思っています。

・・・・あぁ、Nitendo Switch買う予算使っちゃったよorz

| ブログ管理人 | ゲームとか | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
グランナイツヒストリー クリアした?のでちょっと感想など
ってことで、PSP版「グランナイツヒストリー」をクリアした?のでちょっと感想などを。

んでもって、まずは「クリアした?」とタイトルを疑問形にしたところから。

このゲーム、オンラインでの戦争がメインらしいので、そもそもクリアという概念がないです。
かなりの語弊がありますが、サービス終了のないMMORPGのようなもので、自分の中で「飽きた」「堪能した」といったエンディングフラグが立った時がクリアという考え方が成り立つタイプだと思っています。

ただし、かなり古いソフトということもあり、そもそもオンラインでの戦争は「購入時点で既に終了している」という紛れもない事実がw

世のレビューサイト等を見ても「オフラインのシナリオは駄作」「オフラインはオンラインのための育成専用」「本番はオンライン」などの評されていますので、普通だったらこの時期に手を出すゲームではない、というはずなのですが、気にせず手を出してみました。

だって、どうせオンラインでの戦争なんて興味ないもんw

オンラインモード自体、いわゆるエンドレスな3国パワーバランス型なので、最初から決着がつくようなものではないのですが、個人的には全く興味のないジャンルなんですよね、これって。

で、「オフラインのシナリオは駄作」という意見自体が「本番はオンライン」を前提に語られている内容であって、そもそも個人的嗜好の合わない人からの意見の可能性が高いだろうなぁ、という漠然とした感覚もあったりします。

そして、なんといっても「安い(数百円)から買っちゃった」ので、まぁまずは遊んでみようかと、という流れになります。

と、無駄な前置きが長くなりましたが、上記の理由から今回の感想は以下の前提があります。

〇クリアの定義:
・オフラインで遊んでみて、単なる時間をかけるだけの育成ゲームだったら即終了。
・ちゃんと遊んでオフラインシナリオの終了。
・やりこみ要素で、継続して遊んでみてもいいかもとおもったら、続ける。
また「オフライン戦争?なにそれ美味しいの?、ということで戦争は一切やらない」で遊んでいます。

続きを読む >>
| ブログ管理人 | ゲームとか | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Nintendo Switchを買おうとおもった理由
Nintendo Switchを買おうと思っています。

過去、Nintendo Switchが発売される前にこんな記事を書いていたりします。

----------------------------------

○Nintendo Switch
いろいろ考えてみましたが、軽く物欲は疼くものの今回は見送り濃厚ですかねぇ。ちなみに今日から予約開始ですが、ビックカメラのサイトなんかは軽くパンクしていますねw
見送り濃厚な理由は二つ。「ロンチ&発表済みタイトルが魅力なし」「タイトル待っている間に白筐体でそうな予感」ですね。

----------------------------------

んで、当時の記事通り、まったくもって購入意欲がわかなかったのですが、突然Switch買うかと思いだした理由は、「オクトパストラベラー」の発表ですね。

とは言え、今すぐ購入!って感じではないのも確か。

まずもって、ゲーム自体の面白さが不透明。目につくのは提灯記事ばかりで実際のものがどうなのかは判らないので、あくまでも期待値だけということもありますし、そもそもスクエニ製品は新品中古問わず、値下がりが早いので、焦って発売日に買う必要がないという要素もありますし。

また、Switch自体、発売してから一年半。売り上げも好調のようなのでマイナーチェンジ版が出る時期ではないとおもいますが、セキュリティ問題も抱えている都合上、そのあたりもちょっと不透明ですからねぇ。

うーん、欲しいなぁ。と思いつつ買う時期を見極めるという感じでしょうか。
| ブログ管理人 | ゲームとか | 09:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
PS4版「グランクレスト戦記」で遊んでみた
RTSだった。

終了(^^;
| ブログ管理人 | ゲームとか | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
幻想水滸伝ティアクライス クリア
ってことで、DSソフトの「幻想水滸伝ティアクライス」がエンディングを迎えたのでちょっと感想など。

通常、RPGはネタサイトを見ながら遊ぶケースが多いのですが、今回はストーリーがなかなか面白そうだったので基本ネタサイトは見ないで遊んでみました。例外的に序〜中盤の金策として交易品の情報を見たぐらい。

序盤で受けた印象通り、ストーリーが結構面白く、ネタサイトを見ないで遊んで正解でしたね。

クリアまでの時間は50時間ちょっと。仲間にできたのは2/3程度といった感じ。
L58ぐらいでラスボスにチャレンジしたものの3段目で一度全滅したので、レベルを60まで上げたぐらいで特にレベル上げ的な作業はなし。
もっとも、クエスト&イベント戦闘用に主人公よりレベルが5〜10ぐらい下までは全キャラを均等にレベル上げをしたりしました。これぐらいだと、自分がいけるダンジョン系で数回戦闘すると一気にレベルアップができるので、レベル上げを苦痛に感じることはなかったですね。

クリア後、軽くネタサイトを見てみましたが、全キャラ集めないとエンディングムービーが一つ見れないことと、全キャラレベル上げはあまり意味がなかったな、という点が分かったことが残念といえば残念でしょうかね。

古いソフトですし、細かい部分のインターフェースまわりはあまり考えられていなかったり、やたらランダムエンカウントが多くてウンザリすることは多々ありましたが、ストーリーの面白さに最後まで飽きずにクリアすることができました。

ちなみに、2週目とかはシステム上存在していないので、全キャラ集めるためにもう一度やりなおすか、と言われると・・・・うーん、結構微妙かも。

とは言え、なかなかいい買い物をしたな、という感じですね。
| ブログ管理人 | ゲームとか | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
戦場のヴァルキュリア4 体験版でガッツリ遊んでみた
ってことで、戦場のヴァルキュリア4 体験版をガッツリ遊んでみました。

やっぱり戦ヴァルはイイ!楽しい!

体験版でわかる範囲ではありますが、PS4になってCANVASもパワーアップした感じですし、兵科も減りよりシンプルに遊べる感じになっていますね。

早速、予約をしてみました。
うーん、ネトゲ以外でゲームソフトを発売日に買うのは久しぶりかもw

懸念点は2章まであまり時間がかからず終わったので、本編のボリュームは大丈夫なんだろうか、という点ぐらいでしょうか。もちろん本編のボリューム自体も気になるのですが、本編に直結するような追加シナリオ系DLCがてんこ盛りで、DLCだけで結局ソフト一本分ぐらいになりました、的なあくどいDLC商法は勘弁してほしいところなんですけどね。

まぁ、どうせ1年〜2年ぐらいしたらDLC全部入り廉価版がでるのでしょうが、体験版がこれだけ面白いと、流石にそこまで待つ気にはならなんですし。逆にそこまで待つなら、いまはやりたいソフトがないという理由で購入を見合わせているSwitch版の廉価版がでてからそっちを追加購入、なんて流れでもいいのかもしれないですね。あぁ、でもクロスセーブできる訳じゃないから、流石に本編クリアが面倒か(^^;
なにはともあれ、いまいち稼働率が上がらないPS4Proでしたが、これでやっと陽の目を見れる感じです。

ちなみに、予約はAmazon。理由は「一番安かったから」

今回は店舗特典とかが多かったものの、内容はどれもゲーム内アイテムか、女性キャラの大判ポスター/タペストリーなので、さほど欲しいと思わないというか、使い道がないっていうのがなんとも。

Amazonでもゲーム内ステッカーが付いているタイプのものはほぼ定価販売ですが、それが付いていないものだと一気に値段がさがって7000円ちょっとと実に1500円以上の差が。これだけ差があるとステッカー無し通常版で十分かな、と。

さて、発売日まであと数日。すでにエクストラをふくめて全MAPでSランククリアしているので、流石にもうやることがない感じが。そのため、あとは発売日をまつだけ、って感じですね。

いやー、ホント楽しみです。
| ブログ管理人 | ゲームとか | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
戦場のヴァルキュリア4 体験版で遊んでみた
ってことで、戦場のヴァルキュリア4の体験版で遊んでみました。

時間その他もろもろの都合で、最初の1MAPだけですが、一言感想など。

戦ヴァルが帰ってきた!

まだまだ超序盤だけなので断定は早いですが、正当な感じで帰ってきた感じがあり、本当にうれしいことですね。

| ブログ管理人 | ゲームとか | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
 1/20PAGES >>


ソフマップ・ドットコム
ビックカメラ.com

このページの先頭へ