一言物申す!

日々の生活の中で感じたイロイロな事柄に関して、その感想を無責任に書き連ねるブログです。中には辛らつな批判が含まれるときもありますが、そこはそれ、個人個人の感じ方、ということでご了承くださいませ。

Xbox Series X/S 見せ方は少しうまくなったかな?
Xbox Series X/Sの予約が開始されましたが、どこの通販サイトでもあっという間に予約数が終了していますね。

ちなみに、以前「ぼちぼち頑張りました」と評したXbox Series Sの価格も、予約開始直前に更に下げてきたのはちょっと裏をかかれた気分ですw

とはいえ、これって単なる「見せ方」がうまくなっただけという気がします。

まずもって、PS5では抽選販売を行ったビックカメラ等でも抽選ではなく先着受付式にしていることから「先着順販売でも混乱が生じるほど売れない」という判断からでしょう。
そもそも、このタイミングで「ゲームはドラクエとかFFとかのビックタイトルだけ」的なライトユーザ向けのキラーソフトの発売予定がない以上、先行予約するのはコアユーザと転売屋だけでしょうが、それでも即日完売していますしね。

そう考えていくと、おそらくは国内割り当て分がかなり少ないのではとみています。
今回は日本もロンチ国に入っているとはいえ、実態は「ロンチ国に格上げじゃなくて全世界一斉販売なだけ」なことは新サービスである「Xbox All Access」から日本が外れていることからも予想がつきますし。

いずれにせよ、店舗で在庫を抱えなくて済むように「店舗での販売はありません」と明記したうえでの受付順販売で、確実に売れる分だけ扱う、という販売店の都合も見据えたうえでの展開であれば、マイクロソフト側の販売戦略も「見せ方がうまくなったかな?」という感想がつい出てしまうんですよね(^^;


| ブログ管理人 | ゲームとか | 11:19 | comments(0) | - |
3DSの歴史が終わりを告げる
ということで、Nintendo 3DS(2DS含む)の全本体の生産終了が発表されましたね。

これで2画面ハードという、タイトルによっては非常に便利な構成だった独自スタイルのものも、今後は現れないというのはちょっと寂しい気がします。例えば世界樹シリーズの面白さは2画面ありき、だったと思っていますし。

SwitchはLiteを除けば実質的には据え置き利用がメインということもあり、Vita亡き今、純粋な携帯ゲーム機がなくなった訳ですね。

まぁ、スマホの性能がこれだけ上がれば、専用のゲーム機でなくともゲームプラットフォームとしては十分な性能ではあるんですが、肝心のゲーム自体、その大半が短期間での課金集金を前提として運営開発が行われるため、売れる絵師+Live2DであればなんでもOK的な、ある意味ファミコン時代以上の粗製乱造時代になっているという印象があります。

加えて、私の性格上、基本的にストーリありきのゲームが好きなので、儲からない=即サービス終了、という現在のスマホでの主流のスタイルが本質的にあわないというのが大きいのかもしれません。

まぁ、携帯ハード関連については、当面は莫大な過去の資産(PSP、VITA、3DS/DS)があるので全く問題はないとおもいますけどw

いずれにせよ、VITAの時にもそうですが、一応現行ハードの新品確保ということもあり2DS LLを購入。携帯ハードなので本来だったらトイザらスとかで保証を付けた状態で買いたかったのですが、情報収集の甘さから気が付いた時には既に量販店では新品が購入できない事態となっていたので、仕方がなしにAmazonマーケットプレイスで購入。
まぁ、定価で買えたので良しとしましょうか。

| ブログ管理人 | ゲームとか | 20:26 | comments(0) | - |
まさかのXbox Series X 先制攻撃w
ってことで、Xbox Series Xの価格とリリース日が正式に発表されましたね。

2020年11月10日発売で、49,980円(税抜き)ですか。

正直なところ、まさかの先制攻撃(情報先出し)でした。
この手の情報は後出しジャンケンのほうがイメージいい印象があるんですが、後出しジャンケンではインパクトがない価格設定、ということなんですかね?

ちなみに、ちょっと前にこんな記事を書いています。

--------------------------------

折角なので、ちょっと価格予想でもしてみましょうか。

PS5:DISKあり 5万弱
PS5:DISKなし 4万弱
XBOX X:4万弱

もちろん根拠はないですw

正直、XBOX Xも5万弱じゃね?という気はしているのですが、同価格だと同じ土俵にすら立てない状況だと思っているので、ここはPS5のDISKレス版とほぼ同価格にして「おんなじ値段でもこっちはDISK付き」という売り方をするんではないかと。

-------------------------------

まぁ、結局こんなところだろ、というほうが当たって、期待値のほうが外れた、という点で個人的には特段インパクトがないって感じでしたね。
とは言え、北米価格が499ドルなので、国内価格はかなり頑張っていると思っています。XBOX ONEと違って今回はちゃんとグローバルロンチにも入ってますし。

それとは別に、まさかの「最初から廉価版」という、なかなかに理解に苦しむのがXbox Series Sの存在。単なるDISKレスではなくて、299ドルという価格設定ありきなんでしょうが、きちんと性能まで廉価版なあたりが思い切っているなぁ、と。

とは言え、ぼちぼち売れている北米でならいざ知らず、コアユーザ以外には日本国内で売れる要素がほぼないXBOXにおいて、廉価版なんか出してもほぼ売れない気がしてならないんですよね。

まぁ、グローバルロンチするって言っちゃったから、日本国内でもラインナップだけはしておくか、程度の感じなんでしょうかね。だから299ドル設定のところ、32,980円という「ぼちぼち頑張りました」な設定なのかな、と。いずれにせよ頑張っているとは思いますが。

もっとも、Sについては個人的には性能云々よりDISKレスという時点で購入候補にすらならないので、ある意味どうでもいいんですが(^^;

いずれにせよ、国内向けキラーソフトがほぼ出ないと思われるXbox Series X/Sですが、「実はハックするとWindows10が動きます」とかだったら面白んですけどね。

-------- 2020/9/18 追記 --------
続きを読む >>
| ブログ管理人 | ゲームとか | 22:49 | comments(0) | - |
PlayStation 5とXbox Series Xについて考える
年末発売予定の次世代機、PlayStation5(以下PS5)とXbox Series X(以下XBOX X)について考えてみました。
販売台数については、PlayStation5が圧倒するであろうことは誰でも予想が付くのでどうでもいいですね。

ここで考えるのが、個人的に買うか、買わないか、買うならいつ買うか、ですね。

タイミングについては、今後リリースされるタイトルにもよりますが、今のところどちらも初物買いはパスでほぼ確定。

PS5はいずれ買うけど、よほど欲しいタイトルが無ければ型番が変わるまで待つ可能性が大。初期ロットはハズレ多いしw
それを除いても、あまり買いたい理由が今のところ見つからない。
まず、下位互換云々については、そもそも既存ハードはPS2、PS3、PS4Proが稼働状態なので当面は不要。
4Kモニタは買う予定がないので、差し引くとロンチタイトル以外での購入動機がない、というのが一番の理由でしょうか。
ただ、白筐体はなかなかカッコイイので、それが理由だけで買うかもしれませんが、逆に言えばその程度のレベル。

逆に、XBOX Xはちょっと微妙。
そもそも専売タイトルってGearsとForza以外なんかあったっけ?というさみしい状況ですしね。
XBOX ONEと違い今回はロンチ国になっているようですが所詮「英語通じないからコストかかるしCERO面倒くさいので日本は除外」の販売スタンスが変わらない以上、圧倒的なコンテンツ不足は次世代機になっても覆せないでしょう。そこが重々わかっているからこそ、その対策としての下位互換拡充ってことなんでしょうけど。
もっとも、個人的にはXBOX360は2台稼働状態にあるくせにXBOX ONEは持っていないので下位互換目当てでの購入はあるかもしれません。もしロンチに白筐体があればなおのこと、だったんですが、残念ながらロンチではないですし、もし出ても当面先でしょうし。

まぁ、発売は半年後ですし、今後もっと情報がでてくるでしょうか、のんびり待ちましょうかね。

むしろ最近の興味はゲームギアミクロ。とはいえ1インチのモニタじゃなければ即買いなのに・・・・見えないって。
妙な拡大鏡をオプション販売するぐらいなら、HDMI接続アダプタを出してくれたほうが・・・。
とまぁ、いろいろツッコミどころ満載ですが、こういうところがSEGAのダメなところであり、ある意味愛されるところなのかもw
続きを読む >>
| ブログ管理人 | ゲームとか | 18:05 | comments(0) | - |
第10世代Coreシリーズを見て、予定調和的にがっかりし見送る・・・か?
さて、単なる欲としてメインPCを買い替えたいとおもって早数年。
もうこの手のネタを何度かいただろ?と苦笑いを浮かべつつ、また同じことを書きますw

第10世代Coreシリーズが発売されましたね。
ぶっちゃけ言えば、第9世代のマイナーチェンジであり、細分化は14nmのまま。

この時点で予想が付きますね。結果から言えば今回も見送りです。
正しくは、こんなのは発売前からわかっていたので、そもそも発売前から見送りでした。
まさに予定調和って感じですw

ただし、ちょっとだけ気になっていたのが10700と10900の無印。特に10700のほうですね。
10700になって、8コア16スレになりTDPも65Wのまま。
これはひょっとして買い替え対象になるか・・・・とかすかな期待をしていました。

そんなときに毎度恒例の4Gamerのレビューがまさに10700を取り上げていたので、これは天の采配とざっくり見てみました。この時期にどっから出てきたそんな石、と思いましたがそれはさておき。

Ryzen 3700Xにはトータルで勝てないけどゲームだけならぼちぼちOKといった具合で、性能についてはほぼ想定通り。
むしろ判っていたけどそれでも数値としてみるとやはり残念だったのは実際の消費電力。高負荷時はTDP65Wって何ですか?と言わんばかりの電力の大食いが明示されていました。まぁ、14nmのままベースクロックを下げてカタログ上のTDPを下げているだけなので、当たり前なんですけどね。
当たり前だけどちょっと残念。とはいえ、TDP125Wに比べれば低負荷での消費電力は相応に低いのはやはり魅力です。Ryzenは常に低いけどw

加えて価格設定もそんなに悪くない。10700Kがご祝儀価格込みでおおむね5.5万強でスタートしたので、しばらくして無印がでるあたりには価格は5万円弱ぐらいでいけるんじゃないでしょうか?
これだとオンボードビデオがないRyzen 3700Xと比べても価格面で差額1万円弱と極端に見劣りするという印象ではないですし。
とはいえ、そんなRyzen 3700Xにもオンボードビデオ付きがそろそろリリースされるっぽいですしねぇ。性能は落ちるみたいですが。

いずれにせよ、積極的に買い替える状況ではないため、基本は見送りですが「もし買うなら10700であれば妥協できるかも」ってところになったかと思います。
Intelのデスクトップ向けCPUで10nmを採用するのはおそらく次の次の世代になるとおもうので、消費電力については当面改善しないでしょう。それを仕方がないと割り切れれば或いは・・・。

さてさて、どうなることやら。
| ブログ管理人 | ゲームとか | 18:32 | comments(0) | - |
ふと思う、カドカワゲームズの完全版商法
さて、カドカワゲームズといえば個人的には玉石混合・・・・というか、ほぼハズレだがたまに普通に遊べるものがでる、といった印象だったりします。

そんななかなかに残念な印象があるカドカワゲームズが、GWセールと称してルートレターとGODWARSのそれぞれの完全版のセールを始めています。

ルートレターのほうは、無印のほうでお腹いっぱいな印象なので、もう一つのGODWARSにはちょっと興味が。
とは言え、大した値引きではなくお値段約2000円なり。以前遊んだ体験版が「スピード感のないスマホ向けレベルの簡易SRPG」レベルだったので、約2000円でも結構悩んじゃうんですよねぇ。

んで、ふと思ったこと。

ラングリッサーI&IIって完全版出たりしないのかな、と。

以前書いたとおり、見た目の安っぽさが鼻につくものの、グラフィックの差し替え程度であれば比較的低予算で対処できるので、それに加えてバグフィックス&システムの再改修あたりを行えば、意外といけるような気がするんですよね。

まぁ、まったくもってそんな話はなさそうなので妄想レベルの話ですが、うっすらと期待してたりします。
| ブログ管理人 | ゲームとか | 14:59 | comments(0) | - |
三度、ドラゴンクエストX
お嫁様がSwitch版ドラゴンクエスト11Sの体験版に首ったけなのをみて、ふっと思い出したのがドラゴンクエストX(ドラクエ10)。

ちょうど4Gamerで体験版のボリュームがアップしている等の記事をみて、ちょっと遊んでみることに。
ちなみに、FF14を立ち上げっぱなしにしたいので、今回はPS4版で遊んでみました。

ちなみに、私にとって(たぶん)3度目のドラクエ10体験になるはずです。
一度目はβテスト。2度目は数年前に遊んだ体験版。そして今回で3度目。

正直なところ「戦闘がかったるい」「中身スカスカの実装」で2度目は早々に放棄したんですが、はたしてどうなることやら。
いずれにせよ、面白くなってたら課金してもいいかな、と思いつつ遊んでみました。

週末の二日ほど遊んだだけですが、たまたま遭遇したメタルスライム系のイベントを使ってレベル30ちょっとまで上げて遊んでみた感想としては、、、、そろそろ終了フラグかな、といった印象。

その理由は「移動がかったるい」こと。これが最大の要因ですね。

ちなみに、昔に比べて戦闘が面白くなったんではないです。それ以上に移動がかったるいことを嫌というほど味わった次第。
個人的にはコマンド形式のRPGでもハクスラ感が欲しいんですよね。でも、ドラクエ10にはそれが皆無。
そもそも、戦闘が面白くないのは「テンポが悪い」ことに起因するものなので、今後も改善する見込みは無いでしょう。というか、改善という考え方自体が間違っている気すらしてます。ドラクエなんだからあれで良し、といった類のものなんだと割り切ることにしました。
そもそも、「たたかう」コマンド入力して、5〜10秒ぼーっとして、また「たたかう」コマンド入力して、また5〜10秒ぼーっとして、自分以外を操作できないので、何もできずに死ぬときは死ぬし死なないときは死なない、というのを楽しめない私にはドラクエ10適性が無いということなんでしょうw

話はもどって移動時間ですが、プレイ時間の大半が移動時間じゃね?という印象が最初から最後?まで拭えませんでした。まるで「今日は狩場まで2時間かけて移動し、そこでログアウトして戦闘は明日以降」なんてのが当たり前だったEverQuestを彷彿とさせる残念感です。まぁ、当然そこまで酷くはないですけどw

流石に気になってちょっと調べてみると、今後レベルが上がっても移動が劇的に速くなることはなさそうなので、この時点で見切り時かな、という感じですね。

ちなみに、コンテンツ不足はだいぶ解消した印象を持っています。これだけよくなっていれば問題ないですね。

もう少し遊びそうな気がしますが、フィールド移動の抜本的解消が無い限り、課金してまで遊ぶことはない気がします。
まぁ、万一解消したらしたで、今度は戦闘のハクスラ感の無さに嫌気がさしそうな気がしますけど(^^;
続きを読む >>
| ブログ管理人 | ゲームとか | 19:20 | comments(0) | - |
FinalFantasyVII Remake、まさかの分作だったとは・・・・
FinalFantasyVII Remakeですが、原作のミッドガル脱出までしか含まれていないそうですね。

こりゃ、詐欺にも等しい(^^;

まぁ、公式には小さく書いてあるし、ひょっとしたらパッケージにも小さく書いてあるのかも。
それにしても・・・・ねぇ。
| ブログ管理人 | ゲームとか | 13:41 | comments(0) | - |
FinalFantasyVII Remake、まさかのアクションゲームorz
さて、一か月ぶりの更新になってしまったという話はさておき。

FinalfantasyVII Remakeの体験版が出ていたので遊んでみましたが、まさかのアクションゲームとは。
まぁ、海外展開考えると、JRPGのコマンド戦闘じゃ売れないってのは判らんでもないんですけどね。
とは言え、新サクラ大戦といい、こうもあっさりと路線変更されるとなんだかなぁ、という感じがしてなりません。

体験版で遊んでみた限り「可もなく不可もない」感じでしょうか。いずれ出るであろうSteam版だとおま国価格設定でいつまでたっても値引き期待できないので、投げ売りなり中古なりで安くなったら遊ぼうと思います。

それはさておき。

FF7といえば「ファイナルファンタジーVII インターナショナル for PC 」が出た時に値引き販売していたので購入し、途中まで進めて放置していたのですが、リメイク体験版で遊んでみたこともあり、久々にこっちも遊んでみようと思ったら・・・・起動しません。

理由はライセンス切れ。

は?

もちろん別のPCに買い替えたわけでもなく、単に放置していただけですし、そもそも期間限定での権利購入ではなく回きりだったはず。念のため確認してみると「インストールは3回まで。また40%以上のハードウェア構成が変わる等でも要再認証」的な注意書きが。他のPCにはインストールしていないので、どうやらハードウェア構成あたりで引っかかっている感じですかね。

インストール3回は了承していましたし、ハードウェア構成が変わる点についても理屈は判らんでもないのですが、CPU、マザーボード、システムドライブ用SSD、OSの入れ直しなど、いわゆる買い替えに等しいレベルの構成変更ではなく、その他のVGAやらメモリやら、データドライブ用HDDやらの周辺機器レベルの入れ替えで引っかかるってのは、ちょっと釈然としませんね。
とまぁ、いろいろ言いたいことはありますが、とりあえずスクエニのダウンロード版は2度と買わないと思います。正直、リスク高すぎますし、少額とはいえお金をどぶに捨てた気分はぬぐえないので。

その点Steamは安心なんですが、そもそも運営会社がトンだらそれまでというリスクありますからね。
そういう意味では、やはり光学ドライブ系のパッケージ版が安心ですね。時代が過ぎてもエミュレータで対応できる場合も多いですね。

しかしまぁ、アクション化しかり認証然り、なんだかなぁ、という感じです。


| ブログ管理人 | ゲームとか | 17:38 | comments(0) | - |
Switch版マーセナリーズサーガが何だかんだで地味に楽しい
ってことで、ぐるっと回ってなぜかSwitch版マーセナリーズサーガで遊び始めてます。

しかしこのタイトル、攻略サイトが少ないですね。
ゲームの難易度自体はEasyやNormalで遊んでいる限り、難しくて放置というものではないので攻略サイトはあまり必要ないのですが、欲しい情報は「隠れた財宝」の情報ですね。

隠れた財宝のパズルピースを集めないと上級職に転職できないって・・・。
この要素一つでこのゲームの評価をかなり落としている気がします。

時間かければ中断セーブを多用することで隠れた財宝を探すことができますが、いかんせん面倒くさいのなんの。
そういう意味では、この情報だけでも攻略サイトが欲しい!って感じです。


ちなみに、3部作のうち1については攻略サイトがかなり正確な情報を公開してくれていたので2ルートをクリアして満足満足。フリーマップとか高難易度とかもあるけどストーリーが無いと遊び気がおきないので放置で2に進みます。

問題は・・・・2の攻略サイトがさっぱりないことですね。

前述の攻略サイトはスマホ版のようで本質的にシナリオの数自体からして全く違うため、ほぼ参考にならず。テキストレベルで3DS版の隠れた財宝の情報を見つけるも、座標が結構違う気配が・・・・。

うーん、一気にモチベーションだだ下がりな気配です。
まぁ、メンドクセで投げるまで遊んでみましょうか。


と、書きつつPlaystationStoreで取り扱いのあるブリガンダインが気になって仕方がない今日この頃。さてさて・・・。
| ブログ管理人 | ゲームとか | 23:49 | comments(0) | - |
 1/22PAGES >>


ソフマップ・ドットコム
ビックカメラ.com

このページの先頭へ