一言物申す!

日々の生活の中で感じたイロイロな事柄に関して、その感想を無責任に書き連ねるブログです。中には辛らつな批判が含まれるときもありますが、そこはそれ、個人個人の感じ方、ということでご了承くださいませ。

お多幸 新橋店に行ってみた
ってことで、お多幸の新橋店に行ってみました。

だいぶ昔に大宮店に行って「おでんと日本酒だけで帰ってくるべき店」的な評価をしていますが、今回行った新橋店は・・・・うーん、微妙だなァ。

ざっくり言ってしまえば「払った値段に対しての満足感がない」って感じでしょうか。けっして不味い訳ではないけれど、さりとて旨いかといわれると、まぁ普通?的な感じで、それでいてそれなりの値段が。

今回は数名で言ったのですが、皆総じて「高い」「おでんがたいして美味しくない」「天ぷらが一番うまかった」的な感想が多く、プラス方向の感想は誰からも出なかったですねぇ。

お店の人の対応は悪くないものの、店内も特段趣も雰囲気もある訳でもないですしねぇ。
正直再度利用するか、と言われれば「無い」と言い切れるかも。

でも、すごい混んでいるのは謎w

| ブログ管理人 | 呑食処(主に呑み屋) | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
筋肉食堂に行ってみた
ってことで、筋肉食堂なるところへ行っていました。

ざっくり言ってしまえば「低糖質のメシが食える」のをウリにしている感じですね。

で、感想としては「ふーん」で御終いw

料理としてはファミレス以上その辺の高級じゃない普段使いレベルの個人レストラン以下、という感じで価格帯もそんなもん。
何か特殊なものがでてくる訳でもなく「肉って低糖質だよね」的な食事メニューと、プロテイン系な飲み物があるって程度。

内装も別段筋肉を意図するようなものもなく、あえて言えばカウンター内のオニーチャンの腕の筋肉がすごかったなァ、程度のもの。

個人的には、悪くはないけどあえて行くほどでもなくリピートするほどでもない、という感じですかね。

まぁ、コンセプトとしては刺さる人も多いとおもうので、ある程度の期間はつぶれることなく運営できるんじゃないでしょうかね。
| ブログ管理人 | 食事処(主にランチ) | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
あけよめことよろ、2019
ってことで、あけおめことよろな感じです。

ここ数年、年頭に「週一更新」を目標に掲げているような気がしなくもないですが、結局去年も途中で見事に挫折(^^;

まぁ、凝りもせずに今年の目標も同じく「週一更新」を目指していきたいと思ってます。
ネタは結構あるんですが、文章にする時間と気力とプライオリティを確保できない今日この頃orz

----------

・・・・と、結局今年も去年の初カキコのコピペで済みましたorz
今年こそーーーー、と書きつつも、来年もコピペで済みそうな予感(^^;
| ブログ管理人 | 時事ネタ | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
初冬?晩秋? まぁどっちでもいいけど花火の話
ということで、今年もそろそろお終いですね。

当ブログでも以前少し書きましたが、花火といえば夏のイベントですよね、普通は。

ところがどっこい、冬花火というのも一定の需要があるのかどうかわかりませんが、なんだかんだで見る機会があったりします。個人的に印象深いのが、今は亡き「クローネンベルク」の冬花火ですね。馬鹿みたいに寒い中、音楽と花火のコラボは今でも強い印象として残っています。

まぁ、それはさておき。

2018年の秋〜冬、という括りでは道の駅もてぎと昭和記念公園の2つを見に行きましたね。
もてぎの冬花火といえば、ツインリンクが有名ですが、道の駅もてぎも毎年やっているんですよね。規模は小さいもののほぼ真上に上がる花火と音楽のコラボは毎年足を運ぶのに十分な魅力を感じています。

また、もう一つの昭和記念公園は、たまたま夏の花火の順延日が紅葉の時期だったということもあり、おそらく来年以降は行われないとおもっていますので、いい経験できたな、と感じています。
結構な人出、という印象はあったのですが、その辺歩いてた人が「例年に比べて1/3ぐらいの人かなぁ」と話していたんですよね。今回もそんなに空いているという印象は全くなかったですし、事実広場に空きスペースはほぼ無し、帰りは公園出口まで40分ぐらいかかっているので、その話を鑑みて「うん、夏に見に来ることはないな」と思ったのは秘密です。

夏の花火とは違って、寒い時期の花火はまた別の趣があるのがいいですね。
そのため、十日町の冬花火は見てみたいのですが、JRで日帰りツアーを組んではいるものの駅からの交通機関が不明瞭で敷居が高いんですよね。うーん、悩ましい。
| ブログ管理人 | 旅行・イベントなど | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
やきいもファクトリーミュージアムに行ってみた
気温の高さゆえか、まったく冬の趣がない昨今、やきいもファクトリーミュージアムに行ってみました。

季節感はともかくとして、やっぱり冬になるとやきいもがおいしい訳で、そうなると「やきいもファクトリーミュージアム」というネーミングにひかれてしまう訳で。

とまぁ、期待をしていったものの、感想としては「一度は楽しめるがリピートはしない典型的な施設」という具合。

まずもって、ネーミングから印象するのは「焼き芋が食べられるのは当然」・・・・とおもいきや、そもそも焼き芋売っていませんw

売っていない代わりにミュージアム見学の最後に一人一つ貰える、という仕組み。
焼き芋自体は結構おいしいんですが、これを目当てに内容の変化がないであろうミュージアムを毎回見学する、という選択肢はないでしょう。これだけ美味しいのだから素直に焼き芋売ればいいのに。

一応、焼き芋自体は販売がないものの、珍しい熟成芋が食べられる有料コーナーがありました。ありましたが、行った日が悪いのか常時そうなのかはわかりませんが、終日予約ということで利用不可。なのにお客さんは誰ひとりいませんw

食事についても、バイキングが1600円ぐらいであったので利用してみたのですが、テーブルに着席したら「メイン一品+サラダバー+スープ」という代物。しかも1600円ではピザかパスタだけしか選べず、肉類はすべて割増料金。ステーキに至っては5000円越えなり。うーん、こういう商売していると、どんどん客が離れていく、ってのが解らんのですかねぇ?
サラダバーも野菜はおいしいものの数種類しかなくドリンクバーも設定なし。デザートもついているものの、下のお土産コーナーで売っているであろう品物が1〜2種類程度という感じ。あぁそう、もちろん焼き芋はありませんでしたw
正直、まったく満足感のない食事でしたね。

売店も試食コーナーはあるものの、最初から置いてある雰囲気は無し。
なんかもう、ばかばかしさを通り越して笑いが出るぐらいの施設でしたね。

ちなみに、ミュージアム自体は楽しめました。けど、なんとなく展示物の入れ替えは難しそうな印象を受けたので、一度見たら再訪は無い感じですね。

ミュージアムは一度見たら十分。食事についても売り方が「客舐めているのか」レベル。

売店で、年配のスタッフらしき人が「地元の人は一度着たら終わりなんだよね」と話していたのが妙に印象に残っています。あのー、地元の人は当然として、観光客ですらリピートしないとおもうよ、こんなんじゃ。と突っ込み入れたくなったのは秘密です。

このままの運営で行ったら、10年持たずに閉鎖が見えている感じですね。
まぁ、今後に期待、という感じでしょうか。
| ブログ管理人 | 旅行・イベントなど | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
やっぱり第9世代は見送りか?
はてさて、メインPCの入れ替えを画策しつつも、タイミングを逃しに逃して幾年月。

期待の第9世代(i9 9900K、i7 9700K)は、残念ながら見送りになりそうです。

絶対的なスペックを見る限り、そろそろ3770Kから乗り換えてもいいかも、と思える性能になってきたのですが、いかんせんコストパフォーマンスに難がありすぎな訳で。

〇CPU高すぎる
まぁ、乱暴に言ってしまえば、第9世代は第8世代と比べてみて単純に基本性能は変らないので、性能アップの為にCore数を増やしてパワーアップしているといって過言じゃないと思うんですよね。
当然、Core数が増えると一個当たりの製造原価も純増するので、それだけ考えても相応に値段があがって当たり前なんですが、お金を出す立場からみると、対費用効果的にかなり微妙な感じが。
そういう原価だとか全く考えず、印象だけで言ってしまうと9700Kなら4万円以上は出したくないなぁ、できれば9900Kで4万円ぐらいなら・・・という感じですかね。
まぁ、どうやっても無理なんですが(^^;

〇爆熱仕様はちょっとねぇ
PCの音自体にはあまりこだわりはないのですが、さりとて爆音はちょっと嫌な感じ。
第9世代はコスト無視でハンダ採用しないと冷やせない、というあたりで既にどうなんだろ・・・という感じがしてなりません。
しかもK付はCPUファンを別途買わないといけないので、更にコスト増なのもねぇ。

〇メモリ高すぎ
2年ぐらい前にサブPCを組んだ時はDDR4 16GB(8GB×2)で8000円しなかったので、今はぶっちゃけ倍ですからねぇ。
メモリについては既に値下がりが始まっていますし、今後も当面はこの傾向が続くと思うので、しばらくすれば1万円強ぐらいには下がりそうな気がしていますけど、少なくとも今はまだ高い、という感じですかね。

〇ぶっちゃけ、3770K+1060の組み合わせで全く困っていない。
まぁ、困っていないなら買い替えるなよ、というのが真理な訳ですが、やはり物欲はある訳で。

うーん、欲は疼くが、所詮欲だけだよなぁ、という自覚があるのが、なんともねぇ(^^;
| ブログ管理人 | いろんなモノ | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
プレイステーション クラシックは個人的に見送り
さて、「プレイステーション クラシック」の発売が正式発表を経て、収録20タイトルも発表されましたね。

事実上「マリオブラザーズ専用機」として購入したファミコンミニは別にして、スーパーファミコンミニに続いてこちらのプレイステーション クラシックも個人的には見送ることにしました。

実のところ、収録タイトルが未発表だった最初の発表を見た時から私の中では見送りがほぼ確定していたんですよね。それでもタイトル次第では・・・・とおもっていたのですが、収録タイトルをみてやはり見送りすることにしました。

正直なところ、収録タイトルは悪くないと思っています。
見送った理由はもっとシンプルで「PSのソフトって、PS3なりエミュレータなりで遊べるじゃない?」という一点にあったりします。

この状況を覆せるタイトルが入っていれば・・・というのが収録タイトルの発表をまっていた唯一の理由だったのですが、ラインナップは決して悪くないものの、あえて買うほどのインパクトは個人的には無かったな、という感じでしょうか。

| ブログ管理人 | ゲームとか | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
第9世代Coreプロセッサ、いよいよ発売開始・・・・だけどテンション上がらん
ということで、とうとう第9世代Coreプロセッサが発売されましたね。

今の時点で個人的に興味があるのは「i7 9700K」と「i7 8700K」の性能差の一点だけです。
「8コア8スレ」と「6コア12スレ」を比較して、はたしてどこまで9700Kは8700Kより早いのか?

普通に考えたら9700Kはかなり微妙な立ち位置になりそうな印象を受けますからね。
スペック見る限り、8700Kからのアップグレードパスは9900Kが妥当とおもうのですが、これだと価格差が大きいですからね。
かといって、9700Kと8700Kを比較すると本当に性能が上がるのか自体怪しいもんですし。
せいぜいが「1Coreあたりの性能は上」とか「OCに期待」とか、微妙な評価で終わりそうな気がしています。

さてさて、どうなることやら。

なんとなくですが、私の環境ではまだまだ3770KがメインPCとして君臨し続けそうな気がしています(^^;
| ブログ管理人 | ゲームとか | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
第9世代Coreプロセッサ発表・・・・
さて、買い替え本命の第9世代Coreプロセッサが発表されましたね。

これで8コア16スレで・・・・・ん?
なんか予想外のスペックなんですけど。Corei7でもハイパースレッド非対応のタイプがあるってどういうことだろ?

どうせ買うにしたって、ある程度ご祝儀価格が収まって、かつCPUとチップセットが出そろってからが購入時期になると思うので、まずは正式に発売されてからのんびり色々情報収集してみましょうかね。

| ブログ管理人 | いろんなモノ | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
突然WindowsMRに注目してみる
さて、稼働率が低めなPlaystationVRですが、それはさておき。

やはりこの手の黎明期的なものは、ある意味カオスなWindowsの世界のほうが色々と面白い訳ですよね。
どうしてもPSVRだと、商用ベースとして利益の出ないものは世に現れませんが、Windowsベースだと個人が利益度外視でいろいろチャレンジしていますからね。

そういった意味では、OculusRiftが5万円で買えるようになった今、金銭面での導入の敷居はかなり低くなっているのですが、問題はやはり設置場所。

ルームスケールには今のところ興味がないので、座って使えれば問題なのですがパソコンの周辺が手狭なのでセンサーの設置場所に無理があるんですよね。
かといって、センサーを設置できる場所で使うようにVRに対応できるノートPCを買う、なんて自体は本末転倒ですし。

そんな中、OculusからQUESTという単体型VRが発表されました。
外部センサーが不要なインサイドアウトタイプということで俄然Windowsでの利用に期待したのですが、どうやらあくまでも単体利用が前提のデバイスになりそう。うーん残念。

・・・・・・・インサイドアウト?

ん、ちょっとまてよ。どっかで聞いたな・・・・ということで、ググること数分。
なんのことはない、WindowsMRはインサイドアウトが基本仕様になっていました。

Windows用VRヘッドセットしてみた場合、RIFTやVIVEとのアプリの互換の問題と、おそらくは「濡れ手に粟で儲からないないので第一世代で御終い」という、いつもの展開が見え見えだったので、ほとんど意識していなかったんですよね、WindowsMRって。

まぁ、発表からしばらくたっているので、そのあたりも少し事情が変わっているかもしれないので、ちょっと時間あるときにいろいろ調べてみようかと。
| ブログ管理人 | ゲームとか | 07:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
 1/67PAGES >>


ソフマップ・ドットコム
ビックカメラ.com

このページの先頭へ